来てくれてありがとうです。 人目のお客さんに感謝です。

2008年04月03日

アールへの優しさ。

今まで辛く、間違った育て方をされてきたアールにとって

ぴかぴか(新しい)優しさぴかぴか(新しい)はとっても大事なことだと思います。

私が一時的に預かったガウ犬の子のはなし。

預かりさんの元に戻す時に、

「この子の為にも、預かりさんの為にも、リードはこのままで」

っと短いリードを付けたままでいるように言わせてもらったんです。

その方は理解してくれたんですけど、旦那さんが


「可哀相・・・・愛情をたくさんかけてあげれば噛まないよ」

ってリードを取りました。その日、雷でパニックになったその子は

室外機のところにハマッテしまって、それを助けようとした旦那さんを

噛んでしまいました。そして無理って・・・旦那さんは言いました。

アールの里親募集にあたって、
「愛情をかければ大丈夫!」

そう思われている方も多いです。

アールに関しては、愛情をかける前にまずは無視から

始めなくてはいけません。

無視するって、結構難しく辛い事だと思います。

特に問題犬アールを里子として迎え入れたいって思ってくれた方は

とても優しい方でしょうし・・・それにあの可愛い顔でずっと見て

いるだろうし、吠えるかもしれないし。

アールには優しさが必要です。

ですが、アールに関しては厳しい態度で臨む!

それが優しさである事をご理解して下さる里親さまがいてくれたら・・

そう思います。宜しくお願い致します。


次回はこの続き・・・、未だ喋りたい(笑)


2008.04.02 057aaaw.jpg
この笑顔を独り占め幸せ家族は何処にいるのぉ〜〜



ニックネーム はる at 23:29| Comment(2) | アール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする