来てくれてありがとうです。 人目のお客さんに感謝です。

2007年10月17日

3回裏切られた犬・・・アール

記憶違いの為10/21内容が一部変更しました。申し訳ありませんでした。

アールは心無い人間に3回裏切られました。


1回目・・・母犬から子犬を無理やり引き離した人間。

何故母犬から乳飲み子を引き離したのか理解に苦しみます。


2回目・・・アールの元飼い主。

乳飲み子だ!可愛い!!と犬を飼う知識もないまま散々甘やかし、

アルファーにさせておきながら、言う事を聞かないと、殴り、蹴り、

棒まで持ち出した元飼い主は 躾という名の虐待を繰り返しました。

そんな理不尽な行動にもアールは耐えました。

大好きな飼い主に殴られるアール。どれだけ痛くって、

どれだけ辛かったんだろうね。よく頑張ったよね。

でもある時に、自分を守るために噛みました。

元飼い主は何度も殴ったのに、アールは許されなかった。

そして放棄をされました。

「もういらない」っと・・・

ちきしょー!アールは物じゃねぇぞっ!!


3回目・・・乳飲み子だったアールを元飼い主へ渡した人間。

元飼い主に放棄されたアールを1度は受け入れながらも、

大して努力もせずに噛むからと放棄した人間。

母犬が居るにも関わらず、乳飲み子を無理やり母犬から離し、

知識の無い飼い主へ渡し、その後のケアを怠った事はボラとして、

一人の人間としても罪は深いと私は思います。


訂正します

本当に申し訳ありませんでした。私の記憶違いで事実では無い事を
載せました。

事実は乳飲み子を母親から引き離したのは、母犬の飼い主ではなく、
ボラの人でした。何故彼女が乳飲み子を無理やり母犬から離したのか
理解にとても苦しみます。
せめて最低生後1ヶ月半、母親や兄弟と一緒に生活をさせていれば、
アールはまた違っていたはずです。

ボラ経験豊富な保護主さんは言います。
こんなにも社会性の無い3歳の犬を見たのは初めてだったと・・・。
保護主の家に来たばかりのアールは、アイコンタクト1つ出来なかったそうです。

そんなアールも今は、保護主さんとばっちりアイコンタクト出来ますよ。

Img_8003ss.jpg
お散歩中のアールです♪今度は私がお散歩に連れて行って、その様子をお話しさせてもらいたいと思っています。

ひらめきまず一人でも多くの方にアールを知って頂きたいので
クリックのご協力を宜しくお願いします。

banner_04.gif


アールはよく頑張りました。ご褒美の1クリックお願いします。







ニックネーム はる at 23:48| Comment(4) | TrackBack(2) | アール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする